So-net無料ブログ作成

少しずつ出来てくる [1/35]

おばんです。

私の出戻った2005年頃は,ちょうどトライスターのIV号D型やドラゴンのタイガーI初期型が
話題になっている,かなりホットな時期でして,まだ地元の模型店に疎かったため,
なかなかそれらのキットが拝めず,歯がゆい思いをしたものです。

そして2011年,現在ではおよそ欲しいキットの殆どを収集しつくし,
六畳間の三分の二がキットで埋め尽くされるという
ある意味,理想を実現した生活を送っています(-_-;)

しかし,どうした訳か自分でも分からないのですが,手をつけるキットといえば,
田宮の48だったり,ミニスケだったり,と,なかなか現在の模型シーンを
彩るキット達には触ってやれませんでした。

そんな思いが,この夏,とうとうドラの精密IV号D型に,この億劫がりに手をつけさせました:

DSCF0908.jpg

なるほど,精密です。
気を緩めると,部品がすぐに行方不明になるほど精密です…。
起動輪の最終減速機カバーのリベットを一個一個植えなければならないほどに
精密です…

部品分割のあまりの細かさに,不満の声もあがっていたようですが,
たまーに作る分には,これはこれで,なかなか面白いものです。

DSCF0905.jpg

とりあえず,大まかなところから形にしていって,細かい部品は最後に付ける
という作戦でいきます。
(この作戦は,最後まで作らなくても,ある程度の完成を見れるという狙いもあります(^_^)

さて,キャタピラを付けるのと車体上部をくみ上げるのとをどう兼ね合いを付けるかで,
目下,楽しく悩んでいます。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。