So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2007年06月 |2007年07月 ブログトップ

車輪がつきました [1/35]

唐突ですが,車輪と駐鋤が付きました:

無骨な大砲です…。そこが好きなんですが。

車輪をタイヤタイプに修正しましたが,実はAlanのキットのままでも
正しいということを,今日,ホビージャパン別冊MMM8号の呉先生の記事を
読んで知りました。
その場合,リムが木製でホイールがメタルとの事。
キットの木目モールドのなぞがとけました。

しかし,箱絵はキットの形状のままで,金属リムのタイヤタイプで描かれているぞ,???


要研究です。


ああ,東欧キットって… [1/35]

SIG-33,作業続行中です。


エアーフィックスや長谷川のキットをしばらく作っていたので,
東欧キットの曖昧さをすっかり忘れていました。

防盾の取り付けに入ったのだが,せっかくのダボが甘くて,
かっちりときまってくれない。なんだ,このアバウトさは!
東欧キットを,「一般に思われるより易しい」と言える模型誌ライターは,やはり上手い人たちなのだ。

ちなみに,これが車輪:

キットでは,タイヤの溝切のしてあるうちの
真ん中部分しかモールドされていない。
考えあぐねたすえ,0.3ミリプラ板を帯に切り,巻きつけるという
単純な解決法にたどりつきました。

さらに悩んだのが,タイヤの左右。資料ひっぱりだしてもそんなところまで
解説されていないし…。構造上,こうなるべなぁ,と無理やり納得してから
あらためてインストを見ると,

ちゃんと矢印で左を示していました(-_-;)


そんなこともあるか… [ミニスケール]

JS2 スターリン,作り始めています。

さすがに評判のキットだけあり,精密なことこの上ない。
組みやすさも良い。

ただ,部品が細かいのが難点。
早速,1つ転輪なくした…。女房に用事で呼ばれて,部品を手にしたまま
いって,机に帰ってみたらなくなっていた。
そのときは余剰部品だと思っていたのであせらなかったが,
今朝インストよんで,誤解に気づく。

それでも,そこは年の功,紛失したのが内側部分でモールドを気にしなくていいので,
プラ板を丸く切り抜き,代用部品をしつらえる:

左がキットの内側転輪,真ん中が代用部品。右が外側の転輪。
写真の見苦しさはお許しを。

一時は,お蔵行きと思いつめたが,まだ模型の神様は見捨てていらっしゃらないようです。

ちなみに,SIG 33は,ドライブラシ(写真では分からないだろうが)施しました:


Alan 1/35 SIG-33 [1/35]

1年前に手をつけはじめた,ロシアはアランのSIG-33,105ミリ歩兵砲:

何にそんなに時間がかかったか,今となっては良く分からないが,
細かい部品が多かったというのが,自分にはネックだったようだ。

そうそう,写真にはまだ写っていないが,
車輪のゴムタイヤ部分のモールドが,キットのままでは抜けているのである。
それをどう作るかで悩んで,放置していたのだ。

今日はウォッシングと墨入れを施した。しばらく乾燥させて,
ドライブラシで,繊細なモールドを浮き立たせてやりたい。


長谷川 M24チャフィー [ミニスケール]

しばらく製作がとまっているので,過去の作品です。

出戻り第3作目。ちなみに第2作目は,ロシアはアランホビーのII号C型戦車。
それもいずれ,お披露目しましょう。
(しかし,出戻りで東欧キットはないだろう…)

すこしきつめにドライブラシをかけているのが特徴です。
でも写真うつりが悪いので,
さっぱり分かりません…。


こんど,ホワイトバランスの調整をしてみましょう。

次回作は,フジミのJS2を予定。


とりあえず完成… [ミニスケール]

エアーフィックス,マタドール&5.5インチガン,一応形になりました。

全体に合いが良いので,ストレスなく組みあがるが,
一部ゆがみが生じていて,隙間がそのままなのは秘密です。

かなりでかいトラックらしいですね。

ちなみに乗ってる運転手はヘルメットが米軍のもの。
英軍でもアメリカ型ヘルメット使ってたのか??


エアーフィックス 1/72 マタドール&ガン [ミニスケール]

ミニボックスのチャーチルが素組みでほぼ完成したので,気をよくして
次のに手を出しました。

子供の時,模型屋の壁にかけられたエアーフィックスの模型は,何か子供向けの趣で,
手に取る気も起きなかったが,先日たまたま組み立てたオペルの組みやすさと出来のよさに
気をよくして,いくつか購入してしまいました。

今回は,物珍しい車両ということで:マタドールを。
これを購入するまで,この車両は知りませんでした…。

早速,パッケージから取り出して組み始めたが,ゆがみやひけがあり,
てこずりそう…。さくさく,気楽に作りたかったのに…。

とりあえず,ひけていた扉のヒンジ部分に伸ばしランナーでデティールを補ってみました。


RPM 1/72 Adler [ミニスケール]

初物ということで,RPMの最新作,1/72のKfz.13 Adlerです。
組み立ては,装甲の上下のすり合わせが若干必要となるくらいで,
あとはストレスなく組めます。

モットーの「気晴らしで作る」でやっているため,汚しも仕上げのフラット吹きもなしの点は
ご容赦ください。
このスケールであっても,よもやこんなアイテムが出るとは,AFV夏の時代も
そろそろ…なのではと危惧してしまいます。



-|2007年06月 |2007年07月 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。