So-net無料ブログ作成
ミニスケール ブログトップ
前の10件 | -

またまたエアフィックス [ミニスケール]

おばんです。

相変わらず,マイペースで模型製作をすすめております。
で,この前のチャーチルで味をしめて,今度はエアフィックスのスキャンメル・タンクトランスポーターを
作りました。
今後,一生の間,間違ってもアキュリットの1/35は作らないだろうから,せめてミニスケで
その雄姿を見たいと思います。

で,箱を開けるとこんな感じ:

DSCF0943.jpg

ね,オモチャっぽいでしょう(-_-;)

それでも組み立て始めると,エアはかっちりと汲みあがっていきます:

DSCF0947.jpg

で,色々やって,完成です:

DSCF0951.jpg
普段ミニスケに汚しはかけないのですが,今回は少々手を入れてみました(分かるかなぁ?)


チャーチル載っけるとこんな感じです:

DSCF0952.jpg

他にも合間に,マッチボックスのクルップを組んだり,今日は5年前に手をつけたハセガワのクルセーダーを
いじったりしました。
更新は怠ってますが,最近はまめに作業をしています,はい(^_^)


こんな感じで作ってます [ミニスケール]

おばんです。

またまた,しばらく更新が滞ってしまいました(-_-;)
ごたぶんにもれず,生活が忙しくなったり,体調を崩したり等で,模型を触っていませんでした。
でも,IV号は形になる所までいきましたよ。完成まで後一歩です。

さて,正月休みはこれまで買いためてきた積みプラをさばくべく,ひたすら作りたおし,
自己最高記録の10個くらいは完成させました。
おかげで,積みプラ以外に完成品を置く場所をこさえる羽目になりました…。

で,三連休初日の今日は,ふと眼に入ったエアフィックスのチャーチルをチャチャッと作りました。
午前中だけで作業完了。
私の完成は,他のモデラーさんよりもハードルが低いので(ローガン先生の言う所の「低級モデリング」です),多少部品が付いてなくても,継ぎ目が消されてなくても満足すれば完成なのです。
そういう意味では,以前,アマモで紹介されていた大塚康生先生の作り方と(レベルは違いますが)一脈通じる所があります。

で,作業開始時はこんな感じで:

DSCF0939.jpg

チャチャッと,部品を組んでいきます。

DSCF0940.jpg

で,早くも形になりました。エアフィックスのものは,ランナーの状態ではオモチャじみているのですが,
完成すると雰囲気がとても良く,いつも嬉しくなります。

で,色付けはこんな感じで:

DSCF0941.jpg

基本色は,もっぱら田宮アクリルで。ムラが出来にくく,またビン生でもいける濃度なので,
ラッカーよりはアクリルを多用しています。

仕上げは,ウォッシングとドライブラシで。エアブラシを使わないので,模型誌を飾るような作品の出来は,
自分には無理とあきらめていましたが,偶然ドライブラシで,基本色に白以外の色を混ぜてやったところ,
おもいがけず味がでました。で,わしにはドライブラシがある,ということで,しばらくはこれで実験を繰り返していこうと思っています(^_^)

で,完成:

DSCF0942.jpg

ミニスケは,本当にいきづまった時や,息抜きの時に一服の清涼剤のようにいいですね。
ミニスケ専門の方には,つっこみどころ満載の出来でしょうが,
まぁ,「プラモで気晴らし」ですので,そこの所は大目に見てくださいませ_(._.)_










































ミニスケはいいもんだ [ミニスケール]

仕事仕事の毎日で,たまの休みは寝てばかり…。
そんな状況で,模型の在庫がはけるはずはない!

んなわけで,先日お気楽に組み立てたタミヤ48でござーい:

DSCF0315.jpg

気づいた方もおられるでしょうが,小部品は省いています。だって,折れるし取れるし,
飾りだなが出来るまでは,ローガン先生のいう所の「寸止めモデリング」でいきます(^_^;)


35もむろん好きだけど,48だと凝縮感がたまらんです,はい。
これが72になると,こんどはミクロの楽しさがでてきます。

基本的に,子供の頃と同じメンタリティーなので,購入→即組み立て→即完成
できるものが好きです。

ミニスケだと,よほど凝らなければほどほどに完成できるのが嬉しいです。

追伸:
ホビーボスの72のドーラ買っちまっただ。老後の楽しみだな…。

牛歩 [ミニスケール]

模型作りは地道な作業の積み重ねなのだと,今さらながら
思います。

ようよう形の見えてきたJS2,少しずつ形をなしていくダッジトラック,両者を
しばらく並行して作っていきます(もう1つくらい増えるかもしれない):

JS2は,おとしぶたさんの筆塗り技法に触発され,下地にダークグリーンを塗り,
その上にディープグリーンを重ねてみました:

効果の程は…微妙ですね。
それでも新しい試みをやれて,満足です。

今日義弟に連れて行ってもらったホビーショップは模型・キャラものを扱うところで,
スケールものも結構ありました。しかし品揃えがホビーボスがやたらあったり,
トランペッターのよそでは見ないようなフィギュアが置いてあったり,いわゆる
売れ筋が置いてありません。でもまた行ってみたいです。


今日の机の上 [ミニスケール]

ようよう涼しい日々が戻ってきました。
そしてようよう模型を手に取る日が増えてきました。

今日は,先日上下を接着したJS2の車体に小部品の接着と塗装を
行いました。
それから,ダッジトラックさんも少しオリーブドラブを被ってもらいました:

思えば,子供の時(AFVは小学生時点でほぼやめてしまった)から,何もしていない
わけだから,技術的には当時のままなのです。
せいぜい,模型雑誌等で情報が多く手に入る時代ですので,
下手に審美眼がついてしまい,自分の作品に厳しくなってしまいます。

モットーの「気晴らし」を大事にして,おおらかに少しずつ現代の手法を学びながら
楽しいモデリングをしていきたいと思っております。

ちなみに,JS2はなにゆえあんなにインパクトがあるのだろうと思っていたら,
車体に比して砲塔がやたら巨大なんですね。
そのうち,フジミのヤークト君を購入して,大きさ比べをしてやりたいと
思います。はい。


パステル試しました [ミニスケール]

JS2,車体の上下を接着する前にキャタピラ上部(フェンダーに隠れてしまう部分)に
パステルで汚しをかけてみました。

画像は,すみません,みったくない(みっともない)ので貼れません。

まず,塗りたくりすぎてしまいました。ほこりをかぶったどころか,
泥沼を這いずり回っている様になってしまいました。

模型誌には,「失敗しても溶剤をしませた綿棒でふき取ればOK」てなことが
書いてありましたが,
パステルに使うのはアクリル系溶剤を,というのでそのままやりましたが,
わし,バリバリアクリルで塗装していたことを忘れていました(-_-;)

綿棒でこする→塗装ごとおちる

という当たり前の事態に直面しました。

とりあえず,完成後はあまりみえない部分ですので,まぁいいのですが,
次回は,エタノールかエナメル系溶剤で試してみます。

それだけでは,しょぼい思いをかかえて寝なければならないので,
別キットに手をつけました:

たまたま手に入ったマックス時代のダッジトラック。
イタレリ版では抜けているフィギュアも3体しっかり揃っているところがポイント。
これはおおらかに作ってやります。


形が見えてきました [ミニスケール]

38(t)をやるかと見せかけて,JS2をいじっています(単にエッチングが面倒?)

キャタピラを履かせると,ようやく全体の形が見えてきました。
連結キャタピラは,出戻り後,何度か組みましたが,どうにも
緊張しますね。

私は,筆塗りで,作りながら塗る派,ですので,履帯のみ錆色が
ついています。

問題は全体のフィニッシングですね…。
JS2や他のソ連戦車はほこりをかぶったイメージが強いので,
いよいよ初のパステルワークか?とどきどきしています。


そんなこともあるか… [ミニスケール]

JS2 スターリン,作り始めています。

さすがに評判のキットだけあり,精密なことこの上ない。
組みやすさも良い。

ただ,部品が細かいのが難点。
早速,1つ転輪なくした…。女房に用事で呼ばれて,部品を手にしたまま
いって,机に帰ってみたらなくなっていた。
そのときは余剰部品だと思っていたのであせらなかったが,
今朝インストよんで,誤解に気づく。

それでも,そこは年の功,紛失したのが内側部分でモールドを気にしなくていいので,
プラ板を丸く切り抜き,代用部品をしつらえる:

左がキットの内側転輪,真ん中が代用部品。右が外側の転輪。
写真の見苦しさはお許しを。

一時は,お蔵行きと思いつめたが,まだ模型の神様は見捨てていらっしゃらないようです。

ちなみに,SIG 33は,ドライブラシ(写真では分からないだろうが)施しました:


長谷川 M24チャフィー [ミニスケール]

しばらく製作がとまっているので,過去の作品です。

出戻り第3作目。ちなみに第2作目は,ロシアはアランホビーのII号C型戦車。
それもいずれ,お披露目しましょう。
(しかし,出戻りで東欧キットはないだろう…)

すこしきつめにドライブラシをかけているのが特徴です。
でも写真うつりが悪いので,
さっぱり分かりません…。


こんど,ホワイトバランスの調整をしてみましょう。

次回作は,フジミのJS2を予定。


とりあえず完成… [ミニスケール]

エアーフィックス,マタドール&5.5インチガン,一応形になりました。

全体に合いが良いので,ストレスなく組みあがるが,
一部ゆがみが生じていて,隙間がそのままなのは秘密です。

かなりでかいトラックらしいですね。

ちなみに乗ってる運転手はヘルメットが米軍のもの。
英軍でもアメリカ型ヘルメット使ってたのか??


前の10件 | - ミニスケール ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。